シミやくすみだったら、化粧品で隠せるのですが、顔のたるみに関しては隠す事ができません。

女性のパッと見年齢というのは、たるみがあるかないかで大幅に変わって見えてくるのです。

実際の所20代からあなたが解らないままたるみに関しては始まり、30代でほうれい線に気付き、それ以後は次々に拡大して50代になると小鼻の横からアゴに至るまでほうれい線が拡大して行くというのが一般的です。

ですが、これは無意識に招いて対策法をなにひとつ行っていないケースです。

本来の姿を受け入れるという事は大事な点であるとは思うのですが、そのままでいるようでは、加齢と重力には太刀打ちできないなんです。

そうならないように、今日は顔のたるみが生じる原因と、今よりもっと広がらせないようにする対策法も一緒にお伝えしていこうと思います。

たるみの原因とは

一番に、顔がたるむ要因において見ていきたいと思います。

顔がたるむことは主として、常日頃の姿勢とコラーゲンの低下により発生します。

なんとなしにとっている姿勢で、筋肉が影響されたり圧迫されることによって顔がたるんでしまうわけです。

かなりの時間カラダを前と後であったり両サイドに傾けて、同じような姿勢をとり続けていくことによって、筋肉は緊張状態になり落ち着かないです

カラダの一部にだけダメージを及ぼすから骨格が変形、たるみの要因になってしまうわけです。

顔のたるみは猫背のせい?

猫背においては顎が前へ出て来て、首の前側が伸ばされるので、同時進行で顔のお肉も下へ引き込まれて顔がたるんでしまいます。

こういった下へ引き伸ばす力というのは、重力なんかより顔の筋肉を下へ引き伸ばしたるみをスピードアップさせてしまうのです。

ケータイのディスプレイを見るときに、首を前に落として下を向くと、重力に引き入れられ顔がたるんでしまうのです。

さらに、そのような姿勢継続していると自ずと前屈みという形で肩が前に出やすくなって、肩胛骨を主としてまとめる僧帽筋の力が衰滅して猫背の要因になってしまうのです。

寝る時の姿勢で顔がたるむ?

横向きに就寝すると、下になっている方の頬には荷重が偏り、たるみが起こる原因になってしまうことがあるのです。

とりわけ常日頃から同じ向き(右向きか左向き)で睡眠していると、頭蓋骨の歪みにさえつながり、顔の左右バランスだってアンバランスになる要因になります。

紫外線による肌のダメージ

お肌の老化現象がもたらされる原因の、およそ8割に関しては強い陽射しが元になるものと考えられます。

とりわけ、紫外線A波(UVA)というのは波長が長くお肌の真皮に至るまで届くので、コラーゲンに相当な悪影響を及ぼしてしまうことになるのです

さらに、紫外線A波は雲もガラスも通り抜けるので、部屋の中にいたとしても窓際などは紫外線が影響を及ぼしてしまうわけです。

たばこの影響

喫煙の習慣のある方は、体の中で活性酸素が増加してしまうのです。

この活性酸素を無害化するには、ビタミンCがたくさん使用されます。

本来であればコラーゲンを生み出す時に利用するビタミンCが喫煙習慣で利用されるので、コラーゲンを増加させる作用が妨害されちゃうワケです。

さらに、血の巡りも悪化するからお肌に酸素とか栄養分が行き届かず不純物が溜まり、くすみやシワが発生する原因にも。

喫煙習慣がある方というのは、ビタミンCを余分に摂り込む事を意識してください

肌の乾燥

お肌がしっとりしている場合では、バリア機能が役割を果たして外側のストレスからお肌を守ってくれるのです。

だけれど、お肌がカラカラになると強い陽射し等による刺激をストレートに負いやすくなるんです。

加えて、強くマッサージを行ったり、パッティングを行う、クレンジングや洗顔の際にお肌をゴシゴシする、といった日常的なクセによってお肌に炎症が現れることによって、活性酸素が出てきて老齢化を促進させる要因になるとも考えられています

頭皮がたるむと顔もたるむ?

顔のたるみに意識が向かって、ついつい頭皮のお手入れを放置してしまいかねません。

顔と頭皮は影響し合ってるのです。

おまけに、皮膚の構造というのは一緒で真皮にはコラーゲンも存在します。

従って、頭皮のお手入れも、肌と一緒です。乾燥を抑制し、頭皮を強い陽射しから守らないと、頭皮のコラーゲンが被害を被ってしまうのです。

頭皮がお肌を釣り上げるパワーを失くすと、お肌の重量で顔の上の方よりたるみが起こって、ほうれい線やフェイスラインの崩れができることになります。