40代になるとシワやたるみシミが気になる年代になります。

テレビCMや雑誌でも「美白」何て言葉に反応したり、購入する方も多いのではないのでしょうか?

そして、美白成分の中でも今注目されているのが「アルブチン」です。

アルブチンは美白化粧品の多くに配合されているので、目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にこの成分がどのような効果があるかわかりますか。

そこで今日は、美白成分「アルブチン」の秘密に迫って行きたいと思います。

アルブチンってなに?

美容皮膚科で使われる肌の漂白剤にハイドロキノンと言う成分がありますが、このハイドロキノンの成分を変化させたものが「アルブチン」になります。

ハイドロキノンはシミを消す効果は圧倒的なのですが、成分が強いので肌への刺激がとても強く化粧品には配合できません。

このデメリットをカバーしたのがアルブチンで、厚生労働省より医薬部外品として今は多くの美白化粧品に含まれています

アルブチンの特徴

実はアルブチンは、化粧品メーカーではなく食品メーカーによって開発された成分です。

アルブチンは他の美白成分に比べ約10倍のメラニン抑制効果があると言われています。

また、肌への刺激も少なく肌馴染みも良いので、今は多くの美白化粧品に使われるようになりました。

アルブチンの作用は?

シミが出来る原因は紫外線を浴びることによるメラニンの過剰生成ですが、アルブチンはこのメラニンが出来る前に抑える作用が期待できます

紫外線を浴びると肌を守ろうと、活性酸素が大量に発生します。

この活性酸素が肌の奥深くに届くとケラチノサイトという情報伝達物質が分泌。

ケラチノサイトがメラノサイトにあるシロチナーゼに働いてメラニン色素に変化していきます。

この過程の中で、シロチナーゼの働きを抑え、メラニンの生成を抑制するのがアルブチンの働きなんです。

アルブチンに副作用はある?

肌を白くする美白成分って聞くと、副作用が心配になりますよね。

アルブチンの元の成分はハイドロキノン誘導体ですが、ハイドロキノンよりも強い作用はなく刺激が少ないのが特徴です。

その証拠として、アルブチンは厚生労働省より認可された成分なので、肌への刺激も少なく安全に使えます

しかし、安全に使えるからと言って全ての方に副作用が出ないわけではありませんので、使用する際はパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

まとめ

アルブチンは美白効果が大いに期待できる成分ですが、実は覚えておかなければならないことがあります。

それはアルブチンはこれからできるであろうシミには効果がありますが、すでに出来てしまったシミにはあまり効果がないんです

ですので、できてしまったシミにはメラニンの排出を促す成分がおすすめ。

その成分として有名なのがビタミンC誘導体になります。

つまり、アルブチンとビタミンC誘導体の両方の成分が入った美白化粧品を使うことが一番です。