あなたは、最近こんな悩みがありませんか?

目元のシワが気になる
たるみが気になりだした
毛穴開いて目立つ
吹き出物のがなかなか治らない

このような症状がある方は「乾燥肌」の可能性があります。

肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下するのでシミやシワ、たるみなどの肌老化を進める原因にも。

特に40代の乾燥肌はさまざまな要因が複雑に絡み合っています

そこで今日は、40代の女性の乾燥肌の原因と対応策を紹介していきたいと思います。

40代の女性の肌が乾燥する原因は?

肌が乾燥すると言うことは肌に水分が蓄えられなくなります。

肌に水分が無いと当然ですが、シミやシワたるみにつながります。たとえばミカンやリンゴも水分が無くなるとシワシワになりますよね。肌もこれと同じです。

では、どうして40代になると肌が乾燥しやすくなるのでしょうか?一つずつ見ていきましょう!

女性ホルモンの影響

女性にはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンがあります。

エストロゲンは女性らしい体をつくり、コラーゲンを増やしてハリのある肌やツヤのある髪をつくります

しかしこのエストロゲンは30代以降から減り始め、40代になると急激に分泌量が減少していきます。

コラーゲンの中にはハリをつくるエラスチンと水分を保持してくれるヒアルロン酸があるのですが、コラーゲンが減少することで肌内部の水分も減ってしまいます。

そうすると、肌を支えるハリやうるおいが失われて肌が乾燥するんです。

睡眠不足

睡眠不足だと化粧のノリが悪いことありませんか?

これには原因があり、日中にダメージを受けた肌は夜に再生されます。

しかし、睡眠不足や睡眠の質が悪いと、肌の再生が間に合わないんです。

普段は体を動かすために酸素や栄養は各臓器に行き渡り、夜になると各臓器もお休みするのでその間に肌に栄養が届けられ再生や修復が行われます。

そして成長ホルモンの分泌も夜間に盛んに行われますが、睡眠不足や睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌も悪くターンオーバーも乱れがちに

そうすると、古くなった細胞が体外に垢となって排出されずに肌に残ってしまいゴワつきの原因になります。

肌がゴワつくと化粧水や美容成分の浸透を妨げるので、肌の水分量も少なく乾燥してしまうんです。

洗顔でうるおいを洗い流している

寒い日の洗顔はお湯を使って顔を洗いますよね。

実は、このお湯が乾燥肌を招いていしまうんです

肌にはうるおいを守ってくれる皮脂膜と角質層があるのですが、これらは水分をしっかりとキープする役目を担っています。

肌にうるおいがあると外的刺激から肌をしっかりと守ってくれるのですが、お湯で洗顔すると皮脂膜と角質層にある保湿成分が流れ出してしまうんです。

さらに、洗顔力の強いクレンジング剤も保湿成分を洗い流してしまうので、必要な皮脂が足りなくなるんですね。

そうすると当然ですが、肌が乾燥してしまいます。

食べ物で肌が乾燥してしまう?

以外かもしれませんが、食べ物でも肌が乾燥してしまうことがあるのです。

この原因は、たんぱく質と糖分が結合して起こる「糖化」と言われるもので、コラーゲンが劣化してしまいうるおいを奪ってしまいます。

糖化が起こってしまう要因は文字通り「糖分の摂り過ぎ」です。

糖分はご飯や麺類などにたくさん含まれていますし、もちろんスイーツにもたっぷりと入っています。

これらを長い年月食べ続けていると、エネルギーとして消化されなかった糖分が蓄積されて、体の中で糖化が始まってしまうのです。

まとめ

乾燥肌はお肌を老けさせるだけでなく、お化粧のノリも悪くなり実年齢よりも老けて見られてしまう要因です。

特に毎日行っている洗顔では、汚れや余計な皮脂は洗い流しても必要な皮脂を残すことが大切になります。

肌は弱酸性なので、アルカリ性の洗顔料を使うと洗い上がりはサッパリしますが、そのさっぱり感はうるおいが奪われている可能性があります。

40代の女性の皮膚は水分量も油分量も減って行くので、肌の保湿には両方をカバーできるものを使うようにしてくださいね