らっきょうって言われると、一番に思い出すのがカレーのわき役ではないでしょうか?

らっきょうをメインで食べる方は少ないと思いますが、実はらっきょうには驚くべき効果があることをご存知ですか?

今日は、らっきょうの驚くべき効果と、らっきょうを食べるだけでダイエットができちゃう新情報までお伝えしていきます。

らっきょうにはどんな栄養があるの?

らっきょうに含まれる成分の中でとりわけ注目したい栄養素が「硫化アリル」と言う成分になります。

硫化アリルという成分はビタミンB1の吸収を助けてくれる役割があります

硫化アリルは玉ねぎなどにも含まれている健康成分です。

ビタミンB1は疲労回復を促してくれる成分で、らっきょうを食べることで疲れを癒してくれる効果が期待できるんですね。
 
さらにビタミンB1は豚肉にも沢山含まれているので、食卓に豚肉料理を1品増やすだけで食べながら疲労回復ができる優れもの食材です、

さらに、らっきょうの凄いところが「フラボノイド」と言う成分が含まれていること。

このフラボノイドには、ガン細胞を抑制してくれるという研究結果があるほど、小さいけれど凄い効果を発揮してくれる野菜です。

こんな事を聞くと、カレーのわき役ではなく主役としてらっきょうを食べたくなりますね。

らっきょうがダイエットにも効果があるってホント?

らっきょうの驚くべき効果は上記でもお伝えしましたが、さらに小さならっきょうにダイエット効果があると知ったらどうですか?

実はらっきょうには、ラッキョウフルクタンという成分が多く入っています。

ラッキョウフルクタンとは簡単に言えば食物繊維です。

食物繊維がある食べもをイメージするとこぼうを思い浮かべる方も多いかも知れませんが、
らっきょうはそのごぼうの4~5倍もの食物繊維が含まれています!

この食物繊維が胃の中で食べ物の脂質を吸収を抑えてくれます。

食物繊維が多いと言うことはお通じにも良いですし、腸内をお掃除してくれる役割もあるので、腸内環境も整えられるようです
 
つまり毎日、らっきょうを食べることで腸内環境が整えられてダイエットにも一役買ってくれるんですね。

らっきょうが好きな方は少ないかも知れませんが、毎日少しずつでも食べることがダイエットだけでなく、健康にも良いことが分かるとらっきょうに対しての見る目がかわります。

らっきょうの効果を最大限に活かす食べ方は?

体に良いらっきょうですが、一つ注意して頂きたいのが「食べ過ぎ」です。

いくら体に良いからと食べ過ぎると、胃腸を傷めしまう可能性も。効果が期待できるという事はそれだけ危険とも言えるのです。

ですので、一度に大量に食べたりせずに、毎日少しずつ食べることをおすすめします
 

らっきょう特有の匂いを消すには?

らっきょうが体に良くても特有の匂いがダメな方もいらっしゃると思います。

そこで、おススメの食べ方が「らっきょうを食べた後にリンゴを食べる」ことです。

らっきょう特有の匂いの正体は「アリシン」と言う成分。

このアリシンと言う成分はニンニクと同じ成分になります。そして、このアリシンの臭いを分解してくれるのがリンゴなんですね。

リンゴを食べることが一番ですが、リンゴジュースでも効果があるので安心してください。

さらにリンゴに牛乳をプラスすれば完璧!
 
これで周りの人に臭いを気にすることなくらっきょうを食べることができますよ!

まとめ

料理のわき役になることが多い「らっきょう」。

でも、らっきょうには小さくても凄いチカラがあることを知って頂けたと思います。

食べるだけで疲労回復やダイエット効果まであるので、まるでドラゴンボールの「千豆」のようですね。
 
食べ過ぎに注意しながら、普段の食卓の中にぜひらっきょうを摂りいれてみてくださいね。

 

○合わせて読みたい記事

イチゴ鼻の原因と改善方法は?