鼻は顔のパーツの中でも目立つ部分なので、鼻の毛穴の開きや黒ずみが気になって仕方ない。そんな方もすくなくないのでは。

特に鼻の毛穴の黒ずみは、イチゴの表面のブツブツみたいなので、別名「いちご鼻」とも言われています。

今日はそんないちご鼻の原因と改善方法を紹介していきたいと思います。

イチゴ鼻の原因は?

いちご鼻になってしまう原因は色々ありますが、主な原因は以下に3つです。

では、一つずつ見ていきましょう!

毛穴の開き

鼻の角栓が溜まっているとブツブツしていて、気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで人気なのが、毛穴の角栓をごっそり取ってくれる毛穴パック

毛穴パックは本当にごっそりと角栓が取れるので気持ちいいのですが、やり過ぎには注意が必要です

毛穴パックをし過ぎると、どんどんと毛穴が開いてきてしまうんです。

さらに肌への負担も大きくなるので「気が付いたら毛穴が広がっていた」こんなことも珍しくありません。

毛穴に詰まった角栓を取ればとるほど、キレイになると思っていたのが返ってイチゴ鼻を作ってしまう原因になるのです。

黒ずんだ角栓

角栓が出来る原因は、古くなった角質や過剰に分泌された皮脂、ほこりや汚れが毛穴に詰まってできるものです。

そして、これらが酸化することで黒ずんだ角栓が出来上がるんですね。

この角栓を指で触るとザラついていたり、爪やピンセットで取れる場合は、角栓が酸化して黒ずんでいる証拠です。

にゅるっと出るのでついつい、取りたくなってしまいますが無理に取ってしまうと毛穴が開く原因になります。

さらに角栓が詰まっていると目立つだけでなく、ニキビや吹き出物の原因にもなる可能性があります。

メラニンの蓄積

メラニンの蓄積は上記でお伝えした、毛穴に詰まった角栓が酸化してできる「毛穴の黒ずみ」と良く間違われます。

このメラニンの蓄積によるものは「メラニン毛穴のイチゴ鼻」です。

原理としては毛穴が黒ずむことでいちご鼻になってしまうのですが、その原因はまったくの別物。

メラニンの蓄積によってできるイチゴ鼻は、紫外線によってメラニンが毛穴に蓄積されることによって起こるイチゴ鼻になります。

イチゴ鼻をキレイにする方法は?

イチゴ鼻をキレイにするためには、特別な化粧品やケアをする必要はまったくありません。

日頃のスキンケアを見直すだけで、イチゴ鼻を改善することが可能なんです。

しかし、自宅で簡単に出来るスキンケアですが、すぐに効果が出るものではありません。

個人差はありますが、数カ月は時間が掛かることを頭の中に入れておくことが必要です。

そして、イチゴ鼻を改善するために必要な事は「洗顔」と「保湿」になります。

人によってはピーリングでキレイにする方もいますが、基本的には毎日の洗顔と保湿を行うだけでキレイに改善する事ができます。

いちご鼻の原因と治し方まとめ

いかがでしたでしょうか。

イチゴ鼻を治すには、まずは自分がどのタイプのイチゴ鼻かを知っておく必要があります。

間違ったスキンケアでは改善されるどころか、症状を悪化させてしまうだけです。

ですので自分に合ったケアをする事が、イチゴ鼻とサヨナラするためには重要になるんですね。

一度イチゴ鼻になってしまうと、キレイにするには時間がかかりますが、しっかりとケアする事で改善する事は可能ですので諦めずに続けましょう。

そして、毛穴パックは出来るだけ控えるようにして下さい。

角栓がごっそり取れて気持ちいいのですが、毛穴が広がって余計にひどくなるだけですので、使うとしてもほどほどにしましょう。

また、イチゴ鼻が化膿していたりセルフケアでは改善できない場合は、皮膚科を受診してみることもおすすめです。

早速今日から出来る事を初めて、毛穴レスのイチゴ鼻から卒業しましょう!

 

○合わせて読みたい記事

気になって仕方ない「鼻にきび」。その原因と治し方は?