鏡をみると鼻の頭にぽつんとできている「鼻ニキビ」。

毎日しっかりと洗顔や保湿をしているのに、鼻ニキビに悩まされる事ありませんか?

しかも鼻ニキビは、目立つだけでなく赤くはれて痛みを伴うこともあります。

さらに鼻ニキビの厄介なところは、一度出来ると中々治らないことです

しかも場所的に化粧で隠すことも難しいので、1日でも早く鼻にきびを治したいですよね。

そこで今日は、鼻ニキビの原因から治し方まで紹介していきたいと思います。

鼻ニキビが出来る原因は?

鼻ニキビは顔に出来るニキビの中でも化粧でカバーし難いので隠すのが大変ですよね。

鼻ニキビの原因はさまざまありますが、大きく分けると以下の3点が挙げられます。

一つずつ見ていきましょう。

皮脂の過剰分泌

鼻にはたくさんの毛穴があることはご存知だと思います。

その毛穴一つひとつからたくさん皮脂が分泌されてるのです。

皮脂は肌のうるおいを保つためには大切な成分ですが、出過ぎは悪影響を及ぼすだけ

特に睡眠不足やストレスなどによって、ホルモンバランスが崩れることで簡単に皮脂の量が増えてしまうので、鼻ニキビができやすくなるのです。

皮脂の分泌が過剰の場合は、脂っこい食べ物は控えて肌の調子を整えるビタミンが豊富な野菜中心の食事に切り替えることが大切になります。

洗顔がしっかりとできていない

鼻は他のパーツに比べて凹凸が多いので、どうしても汚れが溜まりやすく、洗顔してもしっかりと汚れが落ちない場所です。

特に女性の場合はメイクをしているので、このメイクの残りが原因となって鼻ニキビができることもあります。

鼻に皮脂や化粧品の汚れが残ってる状態のままだと、雑菌のエサになってさらに鼻ニキビが悪化してしまう負のスパイラルに陥ってしまうことも。

ですが、過度な洗顔はダメです!

鼻がテカっているからと言って、ゴシゴシと洗うのは返って逆効果になってしまいます。

洗顔する際は、朝は洗顔フォームは使用せずにぬるま湯だけにして、夜は洗顔フォームを使ってやさしく洗うようにしましょう。

また、油とり紙の使い過ぎも注意が必要です。

皮脂を取り過ぎると、肌は乾燥を防ごうと余計に皮脂を分泌させてしまうので、鼻の油を取る時はティッシュペーパーで軽く押さえて拭く程度にします。

鼻を触ってしまう

無意識のうちに鼻を触ってしまう癖がありませんか?

無意識に触っていても鼻の皮膚には刺激になるので、余計な皮脂を分泌させたりバリア機能が低下することで鼻ニキビが出来やすい環境になります。

とくに鼻ニキビが出来ると気になって触りたくなりますが、指で触ると雑菌が付着してニキビを悪化させてしまう原因にもなるので、なるべく触らないようにしましょう。

どうすれば鼻ニキビを改善できる?

規則正しい生活を心がける

鼻の頭は体の中でもとりわけ毛穴が多く、その分皮脂もたくさん分泌されるパーツです。

この皮脂や古い角質が毛穴に詰まることで、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増えて鼻ニキビが出来やすくなるんですね。

また、鼻ニキビはホルモンバランスが不安定な時期(思春期)にも良く見られる症状ですが、偏った食事やストレスなど、不規則な生活でも発症することはあります

なによりも生活習慣を見直すことから始めましょう

一生懸命にスキンケアを頑張っても、大元の生活習慣が乱れている状態では、鼻ニキビは改善されません。

生活習慣を治しながらスキンケアをする事が最も重要なことです。

洗顔のやり過ぎは注意

鼻ニキビを改善させるには、洗顔はとても大切なケアの一つです。

ですが「鼻のテカリが気になる」と言って、一日に何回も洗顔すると肌が乾燥してバリア機能が低下します

バリア機能の低下を防ごうと余計に皮脂を分泌してしまうので、ニキビだけでなく肌荒れや肌トラブルを引き起こす原因にも。

また、先ほども書きましたが鼻ニキビが気になるからと言って、ニキビを触ったり無理に潰さないようにしてください。

指で触ると雑菌が付着したり、ニキビをつぶしてしまうとニキビ跡の原因にもなります。

まとめ

鼻ニキビが出来る原因をまとめると

「皮脂の過剰分泌」
「間違ったスキンケア」
「余計な刺激や雑菌」

になります。

鼻ニキビができにくい肌にするには、毎日の生活習慣を見直す事から始めて、自分に合ったスキンケアを心がけるようにしましょう

また、ニキビが悪化した場合はセルフケアではどうしようもならない場合もあります。

そんな時は無理にケアをしないで、皮膚科を受診して適切な治療をすることをおすすめします。

 

○合わせて読みたいおすすめ記事

そばかすの原因ってなに?コスメで消える!?