そばかすは大人だけでなく、子供にもできるものです。

そこで疑問がひとつ。大人のそばかすと子供のそばかすは何が原因で、違いはあるのでしょうか?

今日は、そばかすの原因と改善方法を書いてみたいと思います。

そばかすの原因は?

そばかすが出来る原因としては「紫外線」が良くい割れていますよね。

ですが、そばかすが出来る年代で全てが紫外線の影響とは言えません。

そばかすが出来る原因は「先天性」と「後天性」の2つに大きく分けることができるので、ここからは簡単に説明していきたいと思います。

先天性のそばかす

子供にできるそばかすのほとんどは「先天性」によるものです。

特に白人の子供にそばかすがよくできているのを映画などで見たことがないでしょうか?

そばかすは紫外線を浴びることで濃くなるともいわれていますが、全ての子供のそばかすが紫外線が原因とは限りません。

多くの子供の場合「遺伝」が関係しています。

つまり、先天性のモノでそばかすが出来やすい体質なんですね。

そして、先天性のそばかすの特徴ですが、大人(思春期が終わる頃)になると、自然に薄くなって消えていくと言われています

ですので、自分の子供がそばかすができているからと言って、心配する必要はありませんし、化粧品を使ってケアをする必要もありません。

大人になってからできるそばかすは紫外線が原因?

大人になってから出来るそばかす、いわゆる「後天性」のそばかすは紫外線が大きな要因とされています

そして、先天性のそばかすと違い、大人になってからのそばかすは自然と消えることはありません。

それどころか、年々そばかすが増えて目立つようになっていくのです。

大人になってからのそばかす対策はUVケアが絶対的に欠かせない物になって行くのです。

どうして紫外線を浴びるとそばかすができるの?

上記でもお伝えしましたが、そばかすができる原因は「メラニン」です。

このメラニンは紫外線から肌を守ろうとたくさん作られます。実際のところ、ターンオーバーが整っていればこのメラニンも排出されてそばかすになることはありません。

しかし、加齢によりターンオーバーが乱れることでメラニンの排出が上手くいかなくなり、肌の奥に残ってしまいます。これが「そばかす」の正体です。

紫外線以外でもそばかすはできる

紫外線によってそばかすはできますが、それ以外にもそばかすが出来る原因があります。

それは「間違ったスキンケア」です。

間違ったスキンケアがそばかすの原因になりますが、その多くは肌に刺激を与えてしまっていることが挙げられます。

肌に刺激が与えられると肌を守ろうとメラニンをつくり出します。ですので、ゴシゴシと肌を洗う様なことはやめるようにしましょう!

さらに、お肌に合わない化粧品を使うことも気をつける必要があります

また、栄養不足やストレス、睡眠不足でもそばかすができてしまう可能性があるので、普段の生活を見直す必要もあります。

体の中にも原因が!そばかすができるメカニズム

そばかすというのは紫外線にさらされるだけに限らず、「活性酸素」が繁殖することによって出来るものでもあるのです。

活性酸素に関しては、体を酸化させてしまう老化が生じる原因ともなります。

活性酸素が増加していくと自分自身の細胞を攻めたり酸化させたりするのです。

活性酸素というのは強い陽射しを浴びたり、外側からの刺激を受けると引き起こされるメカニズムなのです。

活性酸素が増加することによってメラノサイトが刺激をされて働きが活性化されます

メラノサイトが活動を行なうことによってメラニン色素を生成していくと考えます。

メラニン色素が肌の内部に色素沈着して、そばかすとなっていくと考えられます。

そばかすを改善するには生活習慣の見直しを

今あるそばかすを改善したり、これからできるそばかすを予防するためのケアの仕方はいくつかあります。

ますは、基本中の基本が「生活習慣の見直し」です。

栄養バランスに気を付けて食事をし、しっかり睡眠を取ってたまには運動をしましょう!

そばかすの改善には生活習慣を見直す事が大切なのです。

そして、その後に紫外線対策をしたりスキンケアを見直すことがそばかすが出来づらい肌になります。

生活習慣を見直さないで、美白ケアを一生懸命にやっても、効果が薄いだけですので生活習慣と合わせてスキンケアを行うようにしましょう

美白ケアの商品を使う際は美白の有効成分が配合されていることと、保湿成分がしっかりと入った商品を使うようにして下さい。

そばかすにも効果が期待できる商品はコチラでも詳しく紹介しているようなので、気になる方は覗いてみてください。

シミウス

目からも紫外線が入ってくるので気を付けて!

そばかす対策で一番大切なことは「紫外線対策」と言うことは、多くの女性が知っていると思います。

紫外線は夏に強いイメージがありますが、実は1年中紫外線は降り注いでいるのです。

太陽が出ていない曇り空でも紫外線はバンバンあなたの皮膚を攻撃しています。

さらに、屋外だけでなく屋内でも紫外線を浴びることがあるので、気をつける必要があります。

そして、紫外線対策で多くの人が忘れていることがあります。それは「目の紫外線対策」です。

腕や顔はしっかりと紫外線対策をしているのに、実は目の紫外線対策をしている方はほとんどいません。

ある実験結果では長時間、目から紫外線を受けるとメラニン色素が濃くなるとのデータがあります。

これは目から入った紫外線を脳が察知して「メラニン色素をつくれ!」と、指令を出すためです。

これだと顔や腕にいくら日焼け止めを塗っても効果が薄いので、外出する際はサングラスをかけることをおすすめします

肌に刺激を与えない

上記でもお伝えしましたが、紫外線以外にも間違ったスキンケア、特にゴシゴシと顔を洗うことでそばかすができてしまいます。

スキンケアの時は極力、肌に刺激を与えないようにしましょう

ゴシゴシと洗う洗顔や過度なピーリングは、肌に刺激を与えメラニン色素が作られる原因を自ら生み出しているようなものです。

洗顔する際は、手を清潔にしてから洗顔フォームをしっかりと泡立てます。きめ細かい泡で顔を洗うイメージでやります。

さらに洗顔する際の順番ですが、油分が多いTゾーンから洗いましょう。

洗い終わったら時間をおかずにぬるま湯で洗い流しますが、その際もゴシゴシと洗顔フォームを落とす感じではなく、優しく肌をいたわります。

洗顔が終わったらタオルで顔を拭きますが、その際もゴシゴシと拭かないでやさしく拭いてくださいね。