「今日はナチュラルメイクだし、一晩くらい良いだろう…」って、睡魔に勝てなく化粧を落とさずにベッドに入ってしまうとか、疲労しているから時間をかけず顔を洗って終わり、というような経験がございませんか?

化粧や汚れ、古い角質とかが表面上に蓄えられると、黒ずみや色素沈着、と同時にシワやたるみというような肌ダメージの引き金になります。

たった一晩、化粧を落とさず寝入っただけのことで、お肌は3歳も歳を重ねる」といった噂があるほど、お肌においてクレンジングは非常に重要な点になります。

メイク落としの種類を知っておこう

コスメティック販売コーナーに並ぶ色々なタイプの化粧落とし。

それらのほとんどは「油(オイル成分)」と「界面活性剤」を主成分としてるのです。

近頃のメーキャップ料というのは、フィット感やカバー力、UVカット作用とか、機能面の際立つものが増えていて、逆に言えば、水やお湯に依存している洗顔のみで化粧というのは落としきれないことになります。

一般にクレンジングと言うのは、化粧落としに含まれる油分でメーキャップ料の油分を浮き立たせ、油と水の「つなぎ」である界面活性剤でメイクアップ料を乳化して洗って落とす機能なのです。

一言でいうと、このような油分と界面活性剤の割合、配合量により、化粧落としの形状や使用感が違って来るワケです。

それでは、化粧落としの種類毎に特性を確認してみることにします。

ジェルタイプ

プルンとしたゼリーみたいなプルップルのテクスチャ。

弾力性があるしなやか触り心地ーですから、クレンジング中のお肌に対しての摩擦が和らぎます。

同じようなジェル状でも、白濁した乳化タイプのジェルというのはクリームタイプに近く、透明タイプというのはオイルタイプに近いスッキリとした洗いあがりに変わります。

ミルクタイプ

水分量がたくさんでなめらかな使用感が特徴。

きめ細かい洗浄力のタイプが多く、保湿を残しつつも汚れを浮かしてじわじわとメイクオフが実現できます。

軽い化粧向きになります。

クリームタイプ

オイル成分がいっぱいで、こっくりとした濃密な触り心地でお肌に対する摩擦を減少させています。

お肌の保湿を持続させてしなやかな洗いあげで、お肌に対してのストレスはわりと少ないというのが一般的です。

オイルタイプ

洗浄パワーが強力で、ウォータープルーフタイプの化粧も時間をかけずスッキリと除去できます。

ですが、油分や界面活性剤の配合量が多いので、なかにはお肌に対する刺激が強めの種類も見られます。

自分に合うメイク落としの選び方って?

化粧落としのタイプと特徴は理解できたとは言え、自分にピッタリのタイプを選び出すにはどうやったらベストなのでしょうか。

3つの角度から選択方法をお伝えします。

①肌タイプから選ぶ

原則的には、商品の触り心地や使いやすさでチョイスしてOKです。

しかしながら肌質によって、化粧落としを選択する際に気をつける必要があります。

乾燥肌

クレンジングの際に、お肌のうるおい感成分も同時に洗い流してしまう可能性の高い、洗浄パワーが強めの化粧落としは抑えた方がよいと思われます。

敏感肌、ゆらぎ肌

お肌に対する刺激が少ないと考えられるミルクタイプやクリームタイプが一押しです。

油分と界面活性剤がたくさん配合されているオイルタイプや、コットンやシートがお肌に対しての摩擦が起こるふきとりタイプというのは控えた方が確実です。

さらに、お肌に対する刺激をできる限り少なくしたいからと、クレンジング・洗顔一体のものを選択する方もいるかと思います。

1回で全部の汚れを落とすために、相当な洗浄パワーを必要としているから、出来る範囲でお肌にダメージを与えないマイルドな化粧落としをセレクトしてください。

②落ちやすさから選ぶ

一般的に考えて、油や界面活性剤がたくさん含まれるオイルタイプが特に落ち易いようですが、近頃、お肌に対してのダメージを考えたオイルタイプも拡がっています。

例として、ルシェリ オイルイン クレンジングジェルみたいにお肌の保湿を守りながら、きちんと化粧もソフトにメイクオフ可能である商品はメジャーです。

③シーン別に選ぶ

多忙な場合や旅先では、サッと使用できるシートタイプがやっぱ効果的です。

また、マッサージも兼ねたいというときには、マッサージクリームに近い形状や、お肌へ伸ばしていくうちにオイル状に発展するバームタイプをチョイスすると良いでしょう。

入浴時の濡れた手で使用できるものは、形状でなくて、各々のアイテムの特徴になるので、使い方を確かめてから選定します。

化粧落としは1本に依存せず、当日の化粧濃さにより使い分ければ、お肌に対してのストレスを最低限に減らせます。

まとめ

化粧落としにつきまして、タイプから決め方、使い方まで数多くお話ししました。

1本の化粧落としに特定することはせず、お肌のコンディションや利用する場面に応じてクレンジング料をチェンジしてみることだってバッチリです。

1日の最後に化粧をサッパリ落とすことが、きらめく美肌づくりの新たなスタートです!

 

合わせて読みたい記事

イヤ~な足汗と臭いの原因から対策法まで